接遇の研修

知っておきたい社員研修の基礎

接遇の社員研修講師は体験者が適しています

社員研修にはojtとoff jtがありますが、接遇の研修はこの両方が要求されます。
従って、講師を務める人は実際に接遇の体験をしてきた人が一番適しています。
会社でも受付などのような場所で、初対面の人に会うことが仕事になるので、身体で学んだものでなければ研修になりません。
研修には座学で学んで、知識として知るものも多いのですが、知っているからと言って、それを実際に出来るかとなれば別物です。
知っていても、出来ないことは多く、ましてや日々出来ているといった習慣にまで到達できるには訓練と時間が必要になります。
昔から接遇の社員研修に、スチュワーディスの経験者が多いのはこのような理由があります。
どのような状態であっても、微動だにしないで笑顔を絶やさず、相手に失礼のないお辞儀と言葉を交わすことは、プロの世界で訓練された体験が研修にいかされます。
現場での経験は、何が起きるかわからないので、その経験そのものが社員研修として受講する人たちを圧倒します。

社員研修で接遇を教える

企業が社員研修を行うときには、外部から講師を招いて従業員に必要なことを教えるというケースがあります。
このとき、研修を担当している講師が所属する会社では次のようなことを顧客先の企業で教えたりしています。
それは接遇で、特に消費者と接することをメインとする小売業などにおいて従業員にその方法を伝授しています。
現在の社会においては、小売業を営む企業にとって消費者の満足は重要な要素となっています。
そのため消費者に好感を与える接客が重要となっており、企業は社員研修で接遇のやり方を組み込んでいます。
これに対応するように、研修を請け負っている企業は接客の方法を講師を通じて教えています。
このとき研修を請け負っている企業は、一度教えただけでなく時間を空けてから再度様子を見る必要があります。
というのも、伝えた内容を従業員が行っている姿を見るなどして確認することが大事だからです。
同時に教える前と後でどのように接客方法が変化しているのかをチェックすることも不可欠です。

check

Last update:2018/5/9

『社員研修 接遇』 最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\TwitterOAuth' not found in /home/tuwve1cb/eadvberlin2009.com/twitteroauth/tweet.php on line 136